くらし情報『【特集】2018年大予測!中古マンションの買い時はいつ?専門家が予想する傾向と対策』

2017年12月5日 06:00

【特集】2018年大予測!中古マンションの買い時はいつ?専門家が予想する傾向と対策

中古マンションの買い時はいつ?2018年専門家が予想する傾向と対策


新築住宅は価格と供給の横ばいが続いてるが、中古市場も大きな波はなく横ばいが続いた2017年。
近年は首都圏の中古マンションの価格も3000万円台で推移しており、新築とくらべるとまだ割安感がある。さらに住宅ローンの超低金利も続いてる。その中で迎える2018年の中古市場について、3人の識者に展望を聞いた。

2017年の中古住宅市場の振り返り

2017年の中古マンションの成約件数は、2017年4月から減少傾向が目立ってきた。これは中古マンション価格が高騰した時点から横ばいになっており、新築マンションとの価格差が縮小したため、2017年4月頃から売れ行きが鈍化してきたものとみられる。また、成約価格の上昇も見られた2017年だった。

首都圏中古マンション在庫数の推移


首都圏中古マンション成約数の推移


首都圏中古マンション価格の推移


2018年はどうなる?みんなの不安に専門家が答える

PROFILE

みずほ証券上級研究員 石澤 卓志さん慶応義塾大学卒業後、1981年日本長期信用銀行に入行。第一勧銀総合研究所上席主任研究員を経て、みずほ証券チーフ不動産アナリストを経て、2014年より現職。
石澤卓志
東京カンテイ上席主任研究員井出 武さん全国のマンションや土地価格をデータベース化した不動産専門の情報サービス会社。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.