ビューティ情報『【おでんダイエット】1食をおでんにするだけ!やり方とコツを解説』

2019年9月7日 09:00

【おでんダイエット】1食をおでんにするだけ!やり方とコツを解説

例えば、夕食でご飯とおかずをしっかり食べている人は、夕食1食で700〜800kcal程度は摂取しているもの。これをおでんに置き換えることで、1日300kcal程度を抑えることが可能です。

おでんダイエットのやり方【夕食をおでんに置き換える方法】

おでん

必ず取り入れたい具材

おでんダイエットをするときに、必ず食べたい具材をご紹介します。

・こんにゃく
・しらたき
・昆布巻き
・大根
・卵(うずらの卵2〜3個)

すべて1つずつは取り入れます。満足できない場合は、卵以外の具材を2つ以上にして調節しましょう。

日によって取り入れたい具材

上記でご紹介した具材に、以下の具材を3〜5 個加えましょう。

・はんぺん
・つみれ
・ロールキャベツ
・がんも
・厚揚げ
・たこ
・牛すじ肉
・焼き豆腐

その日の気分で取り入れる具材を変えながら、おでんダイエットを楽しんでください。また、ご飯をプラスするときは100g程度が目安です。食べ過ぎないように注意しましょう。

おでんの具材それぞれのカロリーは?

【おでんダイエット】1食をおでんにするだけ!やり方とコツを解説

具材の大きさによってカロリーは変わりますが、以下がひとつの目安です。

・こんにゃく、しらたき、昆布巻き……5〜10kcal程度
・大根…20kcal 程度
・たこ、焼き豆腐、はんぺん、つみれ……20〜50kcal程度
・がんも、厚揚げ……50〜100kcal程度
・卵……80〜90kcal程度

味を変えるために調味料を付けると、その分摂取カロリーが高くなるため、からし程度にしておくのがおすすめです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.