ビューティ情報『もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません』

2017年7月28日 12:00

もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

◼︎自覚が難しいグルテン過敏症(不耐症)

少し前からグルテンフリーの食品やダイエット方法が流行っていて、グルテンという名前を聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、単に流行の健康法だと思っていて、まさか自分がグルテンを分解しにくい体質だと気づいていない人がとても多いようです。


目次

・◼︎自覚が難しいグルテン過敏症(不耐症)
・◼︎グルテン過敏症の症状
・◼︎グルテンとは? 小麦アレルギーとの違い
・◼︎グルテン過敏症かどうかを判断するには、”抜く”のが一番
・◼︎グルテンフリーのメリットはたくさん!



グルテンを分解するのが苦手な体質で、摂取すると何らかの症状が出る状態を”グルテン過敏症”または”グルテン不耐症”といいます(ここでは以下、グルテン過敏症とします)。


軽度のものは、「なんとなく調子が悪い」と見過ごされがちで、自覚するのが大変難しいものといえます。

◼︎グルテン過敏症の症状

では、グルテン不耐性(過敏症)の症状はどんなものかというと、主に次のようなものがあります。

腹痛、下痢、便秘、逆流性食道炎、腸の不調、頭痛(偏頭痛含む)、めまい、なんとなく頭がすっきりしない、貧血、むくみ、関節の炎症、疲労感、倦怠感、うつ症状、低血糖、じんましん、ビタミン・ミネラル欠乏症、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん/二の腕や背中などにできるブツブツ)。


その他、牛乳などの乳製品を摂取するとお腹がゴロゴロする乳糖不耐症や、そんなに量を食べていないのに太ったり、逆に食べているのに痩せたりする症状も、グルテン不耐症の可能性があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.