ビューティ情報『香水のない人生なんて考えられない。愛しい香水6つ【偏愛コスメ#8】』

2019年3月27日 21:00

香水のない人生なんて考えられない。愛しい香水6つ【偏愛コスメ#8】

前世は犬だったと思う。

ゆっこです。

目次

・自分だけが楽しめる、香水のつけ方
・花の香りを楽しみたいとき
・メンズライクな香りを楽しみたいとき
・とにかく甘い香りに包まれたいとき
・紅茶の香りを楽しみたいとき
・自分の肌と重ねて、香りは完成する


今さら香水を使えない人生には戻れないなと思うほど、好きな香りを纏うのは私にとって不可欠なことになりました。
ふとしたときに好きな香りがするだけで、緊張した心がほぐれたり、前向きな気持ちになったり、シャキッとしたり。

”香り”は緊張しやすい私の、心の拠り所のようなもの。

とはいえ、”香り”の感じ方は人それぞれで、リップやネイルと違い、「この色はくすみ色、テラコッタ最高」といえば、「この色はくすみ色、テラコッタ色だ」と認識はできるけど、香りは「この香り、すごい落ち着く良い香り」と言っても、受け手が必ずしもそう感じるとは限りません。

嗅覚はとっても繊細で、香りがトリガーとなって、時に強烈なほど記憶を呼び起こすことがあります。
その人の経験や記憶、それこそ今日の体調によっても、同じ香りでも感じ方は全然違います。

そのため先に断っておきますが、今回紹介する香水が、読む方にとっても必ずしも合う香水とは限りません。
でも、少しでも心に残った香水を実際に見に行っていただくきっかけになれば良いなと思うので、あくまでも参考として読んでいただけると幸いです。

■自分だけが楽しめる、香水のつけ方

香水を使う上で私がとても気を付けているのは、自分にふんわり香ってくる適量で楽しむこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.