ビューティ情報『電子レンジは低いワット数で!がんの原因AGEを減らす食事術』

2019年6月26日 11:00

電子レンジは低いワット数で!がんの原因AGEを減らす食事術

これが寿命の正体なのです」

計算してみると5,000に減るには100年かかることがわかるが。

「病気などになると、テロメアが余計に減少してしまい、100年あるはずの寿命はどんどん短くなる。『寿命の回数券を減らさない』方法は、まずは病気を遠ざけること、そして抗酸化作用のあるものなど、テロメアを守る栄養素を取ること。いずれも、生活習慣、特に食生活の見直しが必要なんです」

そこで藤田先生が「寿命の回数券を減らさない食べ方」を教えてくれた。

■ご飯やパンなど、白い主食を控える

「老化の大きな原因は、体のタンパク質と糖質が結びついてしまう『糖化』です。糖とタンパク質の化合物をAGEと呼びますが、これこそ悪玉物質。作らせないことを念頭に置いてください」(藤田先生・以下同)

最近ではAGEが「がんを発生させる」こともわかってきている。AGEをなるべく生み出さないためには、「糖質をできるだけ食べないこと」だと藤田先生。

「穀物、特に食物繊維がそぎ落された白米やパン、麺類が糖化を進めやすい食品ですので、まず『白い主食を控える』こと。玄米や五穀米のほうがいいでしょう」

■電子レンジは低いワットで使う

「高温で調理するほど、糖化が進み、AGEが多くなってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.