ビューティ情報『1つでも当てはまったら今すぐやめて! 「梅雨の時期にやらない方がいいこと」5選』

2022年6月3日 20:15

1つでも当てはまったら今すぐやめて! 「梅雨の時期にやらない方がいいこと」5選

梅雨の時期に頭を悩ませる部屋のジメジメ。雨が続くと窓を開ける機会も減って、どうしても部屋の空気も重くなりがちです。しっかり対策をしなければ、不快な気分になるだけでなくカビや嫌なニオイの原因にも…。そこで今回は、カビや湿気対策のためにやってはいけないNG習慣をご紹介します。梅雨のシーズンでも快適に暮らすために、当てはまることがないかチェックしてみて。

1.湿気が入り込まないよう、窓を閉め切る

目次

・1.湿気が入り込まないよう、窓を閉め切る
・2.脱いだ服を洗濯槽に入れておく
・3.エアコンの汚れを放置する
・4.お風呂場のカビをこすり洗いする
・5.濡れた傘や靴をそのままにする
1つでも当てはまったら今すぐやめて! 「梅雨の時期にやらない方がいいこと」5選


長雨が続く時期は、外の湿度も高いため、つい部屋の窓を閉め切ってしまいがち。しかし、カビを防ぐためには、部屋の換気がとても重要です。

扇風機や換気扇を利用して換気すれば、室内にこもった湿った空気だけでなくホコリを排出することもできます。雨が強くて部屋に入り込みそうなとき以外は、定期的に窓を開けて、部屋の空気を入れ替えるように心がけましょう。

2.脱いだ服を洗濯槽に入れておく

1つでも当てはまったら今すぐやめて! 「梅雨の時期にやらない方がいいこと」5選


洗濯物に黒いわかめのようなゴミがついて、気になることはありませんか?それは、洗濯槽の黒カビが原因かもしれません。洗濯後に蓋を閉めたままにしたり、脱いだ服をそのまま洗濯槽に入れて放置したりすると、洗濯槽の内側に湿気が溜まり、黒カビが発生しやすくなってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.