子育て情報『英語だけどおもしろい!子どもも大人もハマるテッパン絵本』

2019年6月26日 17:30

英語だけどおもしろい!子どもも大人もハマるテッパン絵本

「子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、私が英語がわからなくて…」、「どんな本を選んだらいいですか?」

私は2歳~小学生が通う英語教室を主宰していますが、教室に通う子どもの保護者から、子ども向けの英語の絵本についての相談をよく受けます。確かに幼児期の絵本選び、それが英語ともなると親の英語力も問われるため、悩みますよね。
そんなパパやママに私の教室で大人気の「笑える!楽しい!飽きない!」と3拍子そろった絵本を紹介します。
・その絵本の名前は…
・失敗から学ぶ英語の絵本を選ぶ2つのポイント

その絵本の名前は…

英語だけどおもしろい!子どもも大人もハマるテッパン絵本


Brand New Readers(ブランド・ニュー・リーダーズ、以下、BNR)シリーズです。
1冊8ページのショートストーリーが、10冊で1セットになってボックスに入っています。
息子は2歳の時にお友達からBNRシリーズのブルーセットをプレゼントされました。カラフルなイラストがひとめで気に入り、ボックスを引っ張り出してきては、私に「よんでー」とリクエストしていました。

ストーリーが単純明快!

BRNシリーズのすべての絵本は、とにかくカラフルでキャラクターがかわいく、そして、ストーリーが単純明快。
最後に必ずくすっと笑えるオチがあり、そのオチがイラストと読み手の声のトーンだけでも理解できるので、英語がわからない子どもでも楽しめます。
2歳児クラスや3歳~4歳児クラス、4歳~6歳児クラスの子どもはレッスン中すぐに飽きてしまうことも多いもの。でも、この絵本を取り出すと、さっと集まってきて、絵本の前の場所取りがはじまります。
実は未就学児のクラスだけでなく、小学生低学年クラスの子どもたちもこの絵本が大好き。
オチが楽しいのか、みんな同じリアクションでケタケタ笑いながら、楽しんでくれています。

シンプルなセンテンスが繰り返される

英語だけどおもしろい!子どもも大人もハマるテッパン絵本


文章は1ページに1文のみのシンプルな構成。
同じ単語が繰り返し使われることも多く、リズミカルで韻(いん)をふんでいるものもあり、耳にすっと入ってくるのもポイントです。
難しい単語が使われることもないので、英語に自信がないパパやママも気負うことなく、子どもに読み聞かせをすることができます。

読み聞かせからひとり読みまで長く使える!単純なストーリーを毎日1冊ずつ、繰り返し読み聞かせていると、子どもたちはあっという間に文章を覚えてしまいます。
そして、アルファベットやフォニックスがわかるようになると、自分で文章を読めるようになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.