子育て情報『子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?』

2020年5月20日 11:00

子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?

ママが気になる子どもの姿勢 Q&A
ごはんを食べる時、絵本を読んでいる時など、「背中をピンとして!」と言っても、なかなか続かない…。
あんふぁん読者の約8割が気になっている「子どもの姿勢」。その原因や対処法について、野井真吾さんに聞きました。
イラスト/杉浦さやか
子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?


お話を聞いたのは野井真吾さん
日本体育大学体育学部教授。子どものからだと心・連絡会議 議長。学校保健学、教育生理学、発育発達学、体育学を専門領域として、保育・教育現場の先生や子育て中の親の実感をもとに、子どもの“からだ”にこだわった研究活動を行っている。著書に『新版からだの“おかしさ”を科学する』(かもがわ出版)など

子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?


あんふぁんママに聞きました
子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?


子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?


※2020年2/5~3/3にWebで読者アンケートを実施。有効回答数461

Q.最近、姿勢が悪い子が多いって本当?
A.5年に1度、保育・教育現場の先生に子どもの“ からだのおかしさ”についての調査をしていますが、2010年は幼児・小学生ともに「背中ぐにゃ」が3位に。多くの先生が子どもの姿勢の悪さが目に付くと回答しました。
なお、調査を始めた1978年は小学生の1位が「背中ぐにゃ」(44%)。つまり、姿勢は長年の問題と言えます。順位だけ見ると昔の方が注目されているように思えますが、割合で見ると昔は4割程度のため、今の方が注目度は高まっています。

子どもの姿勢、大丈夫?姿勢の悪さは脳が関係している!?


「からだの“おかしさ”を科学する―すこやかな子どもへ6つの提案」から、2010年の調査

Q.姿勢が悪くなる原因は?
A.姿勢の良し悪しにはいわゆる「体幹」が関わっていますが、運動をしているのに姿勢が悪い子も多く見られます。
実は、脳の発達や生活習慣など、複合的な原因があるのです。

こんな姿勢は要注意
座っている時
・背中が曲がっている
・浅く座って背もたれに寄りかかる
・頬づえを付く
・筆記時に文字をのぞき込む
・脚を投げ出す
・足を組む
・机の上に突っ伏す

立っている時
・顎が出ている
・首が前に出ている
・背中が曲がっている
・おなかが出ている
・手がももの前にある
・膝が曲がっている
・脚が曲がっている

原因1背筋力の低下
人間が重力に逆らって姿勢を保つための筋力を「抗重力筋」といい、体を支える「体幹筋力」もその一つです。
そのうち、腰からお尻にかけての力を「背筋力」と言います。
小学校の体力・運動能力調査(スポーツテスト)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.