くらし情報『103万から「150万の壁」に! 損をしない「女性の働き方」って?』

103万から「150万の壁」に! 損をしない「女性の働き方」って?

2018年2月20日 17:30
 

2018年、早くも2か月近くが過ぎました。前回に引き続き、年が変わってチェックしておきたいお金の話題としては、2018年から改正したりスタートする、新たな制度について。今回はあなたの「働き方」にも関わるかもしれない「150万の壁」についてお話します。

103万→150万へ!「150万の壁」とは?

目次

・103万→150万へ!「150万の壁」とは?
・新たな「150万の壁」。注意しておきたいところって?
・新たに変わる制度を知ったうえで、それぞれの家庭に合わせた働き方を!
103万から「150万の壁」に! 損をしない「女性の働き方」って?


【はぴマネレッスン】vol. 55

以前2017年10月からスタートした「106万の壁」については下記の記事でご紹介しましたが、「扶養に入りながら仕事をする女性」の働き方に大きく関わってくる、「配偶者控除」に適用される妻自身の年間所得の金額が改正となりました。

記事はこちら。

http://ananweb.jp/anew/73746/

今まで妻の年間所得が103万円以下の場合、妻の所得税がかからず、夫の年収に対しても「配偶者控除」と呼ばれる控除が適用されるため、所得税の負担が軽減されることにつながることから「税金の壁」とも呼ばれていました。

今回の「150万円の壁」とは、その年間所得103万円のボーダーラインが変更になり、年間150万円まで働いても夫が満額の控除を受けられるようになるということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.