くらし情報『『人魚の眠る家』の篠原涼子「家族を言い訳にも犠牲にもしたくない」』

2018年11月16日 16:30

『人魚の眠る家』の篠原涼子「家族を言い訳にも犠牲にもしたくない」

人生とはつねに決断の連続であり、それをどう乗り越えて行くかによっても生き方が大きく変わってしまうもの。そこで、まさに “究極の選択” を迫られる夫婦の姿を描いたこの秋の話題作『人魚の眠る家』をご紹介します。今回は、本作のさらなる見どころを探るため、こちらの方にお話をうかがってきました。それは……。
写真・黒川ひろみ (篠原涼子)

主演を務めた篠原涼子さん!

目次

・主演を務めた篠原涼子さん!
・独身のころと変わったところとは?
・念じていれば思いは叶うもの
・現場が楽しかったから苦労は感じなかった
・笑顔でいることが輝き続ける秘訣
・人生は悩みごとがあったほうがいい
・インタビューを終えてみて……。
・衝撃のミステリーと感動に震える!
・ストーリー
・涙を抑えられない予告編はこちら!
・作品情報
『人魚の眠る家』の篠原涼子「家族を言い訳にも犠牲にもしたくない」


【映画、ときどき私】 vol. 199

劇中で篠原さんは、不慮の事故が原因で意識不明に陥ってしまう我が子を守ろうとする母親の薫子を演じています。同じ母親として感じた思いや自身の困難との向き合い方、そしてananweb読者へのアドバイスなど、幅広く語ってもらいました。

―まずは、今回のオファーが来たときのお気持ちから教えてください。

篠原さん
正直、最初は躊躇しました。というのも、私にも子どもがいるので、「こういう作品をやることによって、何かが起きてしまったらどうしよう」という自分自身の弱さみたいなところで止まってしまったからなんです。

ただ、いろいろな方に背中を押していただいて、もう一度見直してみたときに、「こんなに素晴らしい作品だったんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.