くらし情報『感謝の手紙を書く、自分をダメだし “自己肯定感UP法”とは?』

2018年12月6日 20:20

感謝の手紙を書く、自分をダメだし “自己肯定感UP法”とは?

敏感すぎる自分を変える!心理カウンセラーの根本裕幸さんが“自己肯定感をアップさせる7日間ワーク”を教えてくれました。ここでは5日目以降のワークをご紹介!
感謝の手紙を書く、自分をダメだし “自己肯定感UP法”とは?

【ワークの進め方】1日1つのワークを気軽に書いてみよう。
自分自身に意識を向け、ありのままの自分を認めてあげるための1日1テーマ×7日間の集中ワーク。時間をかけてじっくり考えてもいいし、ぱっと思いつくままに書き込むのでもいい。また、どうしても思い浮かばないときは無理に書かずに飛ばしてもOK。
5日目:感謝の手紙を書いてみる
誰に送る手紙でもいいので、その人への感謝の気持ちを言葉にしてみる。実際に手紙を出すわけでも、人に見せるわけでもないので、素直な気持ちを綴って。
感謝の手紙を書く、自分をダメだし “自己肯定感UP法”とは?


【解説】
実際に送らなくても大丈夫!
このワークの意図は、実際に誰かに感謝の手紙を送ることではないのだとか(もちろん、送ってもいいのだけれど)。

「実は、手紙の文面はそれほど重要ではないんです。感謝の手紙を書いているときの自分の気持ちを思い起こしてみてください。誰かに感謝するって、とても気分がいいことだと思いませんか?その気分のよさが自己肯定感につながります」

いま自分が他人軸で行動しているのか自分軸で行動しているのかは、それをするときの気分で判別。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.