くらし情報『緑茶よりも…女医が個人的にやってる「インフルエンザ予防策」5選』

2019年1月31日 18:30

緑茶よりも…女医が個人的にやってる「インフルエンザ予防策」5選

インフルエンザが流行中!『イシハラクリニック』の副院長 石原新菜先生は、インフルエンザ予防として個人的に、毎日、食事や生活習慣で実践していることがあるそうです。その方法のうち、5つのやり方を詳しく教えてもらいました。ぜひまねして取り入れてみましょう!
文・椎原茜

紅茶を毎日飲む!

目次

・紅茶を毎日飲む!
・免疫力を上げるための4つの毎日行動
・1. 2日に1回は鍋料理を食べる
・2.毎朝、にんじんりんごジュースを飲む
・3.毎日、必ず湯船につかって入浴する
・4.手洗い・うがい
・Information
緑茶よりも…女医が個人的にやってる「インフルエンザ予防策」5選


イシハラクリニックの副院長 石原新菜先生は、12年間、毎日紅茶を飲んでいるのだそう。どうして紅茶を?

石原先生 紅茶にはインフルエンザウイルスを無力化することが確認されています。三井農林が行った実験では、紅茶の抽出液により、99.96%ものインフルエンザウイルスを無力化したことが確認されました。これは、緑茶よりも高い割合を示しています。

紅茶にインフルエンザウイルスを無力化があったとは驚きです。石原先生によると、紅茶を取り入れるときにはポイントがあるのだそう。実際に先生が実践している飲み方を教えてもらいました!
1.冷たい紅茶よりも温かい紅茶でストレートで飲む
石原先生 冬は、心と体が温まる、温かい紅茶で飲むのがベスト。そしてミルクは入れずにストレートティーで飲むことが重要なポイントです。ミルクは紅茶ポリフェノールがミルクタンパクに取り込まれてしまい、機能しなくなるためです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.