くらし情報『ストレス解消には睡眠が有効! 精神科医伝授「快適寝室環境」&快眠グッズ』

2019年5月11日 19:40

ストレス解消には睡眠が有効! 精神科医伝授「快適寝室環境」&快眠グッズ

このような、脳と腸のマイナスの関係は、あえて言えば「脳腸疲労」。脳と腸がお互いに作用しあっている可能性は、近年“脳腸相関”として示唆されてきています。

ストレスケアの基本「レスト~快眠」

古賀先生によると、ストレスが原因の不調には、ストレスを蓄積させずに、毎日解消する必要があるとのこと。

古賀先生 ストレスを解消するには「3つのR」のレスト(快眠)・リラックス(休憩)・レクリエーション(楽しく発散)のストレス対処を積極的に進めることをおすすめします。

なかでも、ストレスの緩和法で基本となるのが「レスト=休養をしっかりとる」こと。特に脳腸疲労が疑われる場合には、睡眠の量と質を意識して、脳をしっかり休ませましょう。

寝室環境を整えて快眠しよう!

そこで古賀先生に、快眠できる寝室環境について具体的に教えていただきました。室温・湿度
室温は24~26度、湿度は50%程度が快眠によい環境です。

灯りと音
寝室は真っ暗にせず、スタンドやフロアライトで、人影がほのかに見える程度の明るさにしておくと、気持ちが落ち着きます。歌詞のない音楽をかけておくのもよいでしょう。歌詞があると聴き入ってしまうためです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.