くらし情報『イケメンゲイ僧侶が結婚!…アメリカの禅修行者にLBGTQが意外といる理由 #3』

2019年10月2日 20:10

イケメンゲイ僧侶が結婚!…アメリカの禅修行者にLBGTQが意外といる理由 #3

アメリカの禅センターで暮らしていた頃、“禅”と書かれた特注の作務衣を着こなすイケメンゲイのレジデントが居ました。彼はのちにパンセクシャル(全性愛)の女性と恋に落ち、僧侶の道を志すことに。二元性を超えた空(くう)の世界に触れたいと、アメリカで禅修行に勤しむ人たちにLGBT(性的少数者)の人々が少なくないことは自然なのかもしれません。言葉を生業にしていたというアイデンティティなんてものは完全に崩壊し、危うい英語で立ち回り続けた丸裸同然の筆者・土居彩がアメリカ修行中にジェンダーについて考えました。

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani

目次

・モテモテだったイケメン雲水のアール。
・ゲイの彼がパンセクシャルの女性に恋をした。
・そして僧侶になったアール。
・神は男と女を作られた。
・あらゆるものは変わるという般若心経の教え。
・料理しない女が典座と料理を作り続けたら…。
・トランス女性禅教師のカイトリオナ・リード。
・丸裸でもなおしがみつく「私」というレッテル。


【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 3

イケメンゲイ僧侶が結婚!…アメリカの禅修行者にLBGTQが意外といる理由 #3


モテモテだったイケメン雲水のアール。

私がアメリカの禅センターで典座とともに料理を作りながら生活していたとき、アール(仮名)というイケメン・レジデントがいました。

アールの生まれはドイツ。イギリスの名門大学院を卒業し、ロンドンにアート関連の会社を起業した彼は美術に特化したコンサルティング業務を生業としていました。彼が渡米して禅センターで修行生活をしていたのは、禅仏教関係の古美術に魅せられたため。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.