くらし情報『話題作の女性監督が現場の性差別を吐露 「私が男なら絶対されなかった」』

2019年11月28日 20:20

話題作の女性監督が現場の性差別を吐露 「私が男なら絶対されなかった」

12月が近づいてくると、この1年を振り返りながら、これからの自分についても考えたくなるところ。そこで、そんな気分のときに観たい大人にオススメのアニメーション作品をご紹介します。それは……。

台湾発の話題作『幸福路(こうふくろ)のチー』!

目次

・台湾発の話題作『幸福路(こうふくろ)のチー』!
・監督・脚本を手掛けたソン・シンイン監督!
・女性ならではの難しさに直面した
・資金集めで支えてくれたのは夫の存在
・影響を受けた日本のアニメとは?
・心の目で見て自分の未来を考えてほしい
・心に沁みる珠玉のアニメーション!
・懐かしさがこみ上げる予告編はこちら!
・作品情報
話題作の女性監督が現場の性差別を吐露 「私が男なら絶対されなかった」


【映画、ときどき私】 vol. 279

アメリカに住むチーは、祖母が亡くなったという知らせを受けて、台湾へと帰国する。しかし、久しぶりに見た故郷の景色は、記憶とはずいぶんと違っていた。同級生に会っても、相手に誰だかわかってもらえず、チーはそれほどまでに自分が変わってしまったのかと困惑することに。

そんななか、チーは幼い頃を過ごした台北の郊外にある町、幸福路を出発点に、自分の人生を振り返りはじめるのだった。そこで見たものとは……。

話題作の女性監督が現場の性差別を吐露 「私が男なら絶対されなかった」


本作は、台湾アニメーションの歴史を塗り替えたと言っても過言ではないほど、世界各国の映画祭で数々の賞に輝くだけでなく、アカデミー賞長編アニメーションの25作品にもエントリーされた注目作。今回は、完成までの厳しい道のりについて、こちらの方にお話しいただきました。

監督・脚本を手掛けたソン・シンイン監督!

話題作の女性監督が現場の性差別を吐露 「私が男なら絶対されなかった」


シンイン監督は、京都大学大学院で映画理論を学び、さらにアメリカのコロンビア・カレッジ・シカゴで映画修士号を取得したのちに、いくつかの実写映画を制作してきた実力派。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.