くらし情報『【カンタン開運習慣】毎日アレを感じれば幸運に!#26』

2020年2月27日 19:30

【カンタン開運習慣】毎日アレを感じれば幸運に!#26

どうすれば幸せになれるの? それは全世界すべての人の願いで、たくさんのスピリチュアル・マスター、学者、宗教家、成功者などもその仕組みについて語り続けています。仏教の教え、引き寄せの法則などのスピリチュアルメソッド、心理学研究などー幸福の山頂への登り方はそれぞれだけど、すべてに共通する幸せの法則は、今この瞬間に幸せを感じればいいということ。それは老子の教え、「足るを知る人こそが豊かな人である」にも通じます。そこで今回は、ちょっぴり恐怖体験な珍事件をご紹介しながら、肩の力を抜いて幸せになるための真髄をご提案します。

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani

目次

・アメリカで体験した、新月の夜の謎の儀式。
・ハングリー・ゴーストってなんぞや?
・足るを知る人こそが豊かな人。
・思考は現実化する!
・幸せの4割を決める、私たちの行動。
・ストレスなら、もう無理をしない。
・感謝の心が幸せを叶える4つの理由。
・もののけ姫の怪。
・新月は気持ちを新たにするとき。


【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 26

【カンタン開運習慣】毎日アレを感じれば幸運に!#26


アメリカで体験した、新月の夜の謎の儀式。

アメリカの禅センターで暮らしていたとき、毎月新月の夜にハングリー・ゴースト(餓鬼)の儀式というものがありました。その夜はみんなでゴシック音楽のような英語のお経を唱え、食べ物をお供えし、法螺貝を吹いて銅鑼を叩き、祈りを捧げて踊るのです。

【カンタン開運習慣】毎日アレを感じれば幸運に!#26


それは暗い禅堂に蝋燭が灯され、禅仏教とハロウィーンが混じったような不思議な世界。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.