くらし情報『震えるほどカッコいい!…凝視したい「世界の男前」厳選6人』

2020年10月15日 19:30

震えるほどカッコいい!…凝視したい「世界の男前」厳選6人

パリ在住のカメラマン、松永学さんによるパリのイケメンスナップ。今回は、カフェや街頭にて。ソーシャルディスタンスを守り、好きな人に会ったり、美味しいコーヒーを飲んだり、料理を楽しんだりしている男たち。みんな目がキラキラしていました。

写真、文・松永学

テオ 19歳 自転車修理工

目次

・テオ 19歳 自転車修理工
・シモン 21歳 建築学生
・ラファエル 27 歳 有機野菜ショップ勤務
・ピエール・ジャック 35歳 バリスタ・カフェオーナー
・ジャルマン 21 歳 経済専攻学生
・レミー 21歳 美術史専攻学生
震えるほどカッコいい!…凝視したい「世界の男前」厳選6人


-自転車修理に来るお客さんに対応するテオはなんでも修繕してしまいます。

日曜日の今日は自転車持ち込みの人がたくさん来てとても忙しいです。今、パリでは次から次と自転車レーンができて自転車人口が急増しています。ここに来る人はほとんど古い自転車だけどみんな愛着を持っていますね。このお店はいろいろな部品のストックがあるので、時間があればなんでも直せます。

実は僕のお父さんは日本人で画家なんです。日本語は少しだけ話せます。父は日本から来てモンマルトルに住んでいた時にフランス人の僕のお母さんと知り合って僕が生まれました。日本にも5回ぐらい行きました。一番好きな日本の食べ物はざる蕎麦です。お蕎麦は毎日食べても飽きません。パリでも何か所か蕎麦を食べられるところがあるので父と一緒に行ったりします。スポーツは小さい頃は水泳、今はスケートボード、もちろん自転車も大好きです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.