くらし情報『フィンランド映画の巨匠「お寿司に大きな感銘を受けた」思い出の味を語る』

2021年2月17日 19:00

フィンランド映画の巨匠「お寿司に大きな感銘を受けた」思い出の味を語る

仕事や人間関係において、悩みが多くなればなるほど“心の健康”を保つのが難しいと感じている人も多いのでは?そこで、「世界幸福度ランキング」で、2018年から3年連続で1位を獲得しているフィンランドから届いた心温まる1本をご紹介します。それは……。

『世界で一番しあわせな食堂』

目次

・『世界で一番しあわせな食堂』
・ミカ・カウリスマキ監督
・長い歴史を誇る中国の料理との対比を見せたかった
・全人類が力を合わせて地球を守るべき
・人が幸福になるために必要なのは、シンプルなもの
・いまこそみんながひとつになることが大事
・寒い国から届いた最高に温かい1本!
・ほっこりする予告編はこちら!
・作品情報
フィンランド映画の巨匠「お寿司に大きな感銘を受けた」思い出の味を語る


【映画、ときどき私】 vol. 360

フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村にある食堂に現れたのは、上海で料理人として働いていたチェンとその息子。恩人を探すためにやって来たというが、その人物を知る者は誰もいなかった。そんななか、食堂をひとりで経営していた地元の女性シルカは、チェンに食堂を手伝ってもらう代わりに恩人探しに協力することを提案する。

恩人は見つからないままだったが、チェンの料理は評判となり、食堂は大盛況。次第にチェンは、シルカや常連客と親しくなっていく。ところが、チェンの観光ビザの期限が迫り、帰国の日が近づいていた……。

日本でも人気の高い北欧のライフスタイルを垣間見ることができる本作。そこで、こちらの方にさらなる魅力について、お話をうかがってきました。

ミカ・カウリスマキ監督

フィンランド映画の巨匠「お寿司に大きな感銘を受けた」思い出の味を語る


弟で映画監督のアキ・カウリスマキとともに、フィンランド映画界を代表する存在のミカ監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.