くらし情報『「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛』

2021年10月28日 19:00

「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛

自分が好きなものや情熱を注いでいるものが何なのか、ということを改めて知るような瞬間も何度かありました。あとは、家族との関係性も深めることができた気もしています。

―映画監督としてのお父さんを現場でご覧になって、どういった印象を受けたのかについて教えてください。

ラナさん撮影のために友達との付き合いなどを一旦中断しなければいけなかったので、正直に言うと、実はいろいろと文句もありました(笑)。それは10代の娘と父親の典型的な関係でもあるので、ケンカをすることもしょっちゅうでしたが、そこには自分の父親を父親以外の者として認めたくないという気持ちもあったのかもしれません。ただ、父親がどういったプロジェクトを手掛けていて、そのなかでもどういった役割を務めているのか、さらに映画監督としてどういう存在なのか、といったことを客観的に見ることで、父に対するリスペクトの気持ちは芽生えました。

映画の現場よりも、子どもと向き合う毎日のほうが挑戦

「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛


―今回、ニコを演じたのも実際にラナさんの弟で、母親役も監督の奥さまでラナさんのお母さまでもあるので、ご家族で挑まれた現場でもあったかと思います。とはいえ、親子だからこそできることもあれば、親子だからこその難しさもあったのでは?

監督僕としては、不便な点はまったくなかったですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.