くらし情報『「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛』

2021年10月28日 19:00

「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛

もちろん、役者を演出するのは、さまざまな困難がつきものではありますけどね。ただ、自分の子どもの場合、そもそも毎日子どもと付き合っていること自体がチャレンジですから(笑)。あくまでも映画はその延長線上にあったので、特に不自由を感じることはありませんでした。

それよりも、「この子にはこんな才能があるのか」と知ることができて、アーティストとしても新たにリスペクトする気持ちにもなったほどですよ。ただ、子どもにとってはつらかったかもしれないですね。なぜなら、監督という“仮面”をかぶって、父親だったら指図しないようなこともしていたわけですから。すごく寒い状況のなかで厳しく演出することもあったので、そういう部分で子どもは大変だと感じていたかもしれません。

―ラナさんはそれを聞いていかがですか?

ラナさんそうですね、ある意味では非常にほろ苦い経験になりましたね(笑)。でも、心を裸にして演技をするうえで、監督と一から信頼関係を築かなくてよかったのは、心強かったです。父とは普段から非常によくコミュニケーションが取れているので、それは力になりましたし、一番の利点だったと思います。あとは、父が私を何よりも大切にしてくれていることがわかっていたので、失敗しそうなプロジェクトに私を起用するわけがないという安心感もありましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.