くらし情報『栄養士おすすめ!夏の疲れた胃腸にやさしい簡単レシピ』

2019年9月1日 15:00

栄養士おすすめ!夏の疲れた胃腸にやさしい簡単レシピ

目次

・サラリと食べられるのがうれしい「中華がゆ」
・意外にも胃腸にやさしい「フレンチトースト」
・生で食べる野菜を温に!「トマトとレタスの卵スープ」
栄養士おすすめ!夏の疲れた胃腸にやさしい簡単レシピ


暑い日が続くと体調を崩しがちになる方も多いですよね。夏は冷房と外気温の差で自律神経のバランスが乱れ、消化機能が低下してしまい食欲も落ちやすいもの。合わせて、屋外で日光を浴びる機会が多い方や、暑さで寝苦しさがありすっきり眠れていない方は、疲労がたまりやすく、体力や免疫が落ちてしまうことも。暑い時は冷たいものをとりすぎてしまいがちですが、時には消化の良い食事を選んで胃腸をいたわってあげてくださいね。あすけん栄養士が、疲れた胃腸にやさしいレシピを3つご紹介します。

サラリと食べられるのがうれしい「中華がゆ」

消化によい食事といえば、何といっても「おかゆ」。普通の「白がゆ」や「卵がゆ」も良いですが、「中華がゆ」なら夏でもサラリと食べられておすすめです。
鶏肉の中でもむね肉は、脂身が少ないため消化によく、高タンパクなので食欲不振の時も栄養を補えるのがうれしいですね。また、鶏むね肉にはイミダペプチドという栄養が豊富で、イミダペプチドを摂取することで疲労感の改善作用がみられたという報告(※)があるので、夏の疲れたカラダにぴったりの食材ですね。
⇒食べないなんてもったいない!鶏むね肉の意外な効果とは

《材料》(1人分)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.