くらし情報『【TIFFレポート】小栗旬「毎日、逃げ出したいと思ってた」と監督経験を述懐』

2011年10月23日 20:29

【TIFFレポート】小栗旬「毎日、逃げ出したいと思ってた」と監督経験を述懐

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

今年の東京国際映画祭で日本から唯一、コンペティション部門に出品されている『キツツキと雨』の公式会見が10月23日(日)に行われ、主演の役所広司に小栗旬、監督の沖田修一が出席した。

『南極料理人』が多くの支持を集めた沖田監督の最新作で、ある村にクルーを率いてホラー映画の撮影に訪れた気弱な映画監督と村の武骨なきこりの交流をユーモアたっぷりに描き出す。

映画の撮影現場を描いた作品だが、小栗さんは昨年の『シュアリー・サムデイ』で、役所さんは一昨年の『ガマの油』で共に監督デビューを果たしている。監督としての経験が本作でどのように活かされたかと尋ねられ「(自身の作品は)幸一(小栗さん)のクルーよりはまだ予算のある映画でしたが…(笑)」と役所さん。「いろんな現場を見てきたけど、(本作の)スタッフや俳優はかなりリアルに描かれていると思います。『こういうスタッフやキャストいるなぁ』と楽しんでました。現場の裏をよく知っているので、役に立ったことはたくさんあると思います」と笑顔で語った。

一方の小栗さんは「映画の中で幸一が一度、逃げ出そうとするシーンがありますが、ああいう気持ちは毎日感じてました(苦笑)。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.