くらし情報『1月ドラマは「社会派」オリジナル作に大反響!“他人事じゃない”がポイントか』

1月ドラマは「社会派」オリジナル作に大反響!“他人事じゃない”がポイントか

2018年2月15日 06:30
 

Photo by cinemacafe.net

冬の寒さが身に沁みる1月クール。今期は、“社会派”と称される作品が強い存在感を放っていますね!

観た人全てが「うんうん、わかる!」と圧倒的に共感するのではなく――普段、何となく見て見ぬふりをしてきた現実が、ものすごく身近なものとして胸にズドンと刺さる鋭利なドラマ。今日は、毎クール全ての作品をチェックしているドラマニアな筆者が、代表的な2作品を例に見所を分析していきます。

■リアルな会話劇に惹きこまれる、誰もが“自分事”のドラマ「anone」

広瀬すず「anone」

普通に生きることの難しさ――本作を見る度、私たちはそれを痛感することになるでしょう。

「anone」の主人公・ハリカ(広瀬すず)は感受性豊かな性格から、普通とは違うハズレの子というレッテルを貼られ、親から隔別され生きてきました。ネットカフェでその日暮らしを余儀なくされていたあるとき、偶然出会った老齢の女性・亜乃音(田中裕子)が偽札を所持していることに気づいたハリカは、「普通でいられないなら、いっそ」と大金に魅せられ…。

本作には、彼女のように「普通に生られるなら、それでいい」そう考えながらも、「隙あらば、大きな成功を手にしてみたい」と望んでしまう“人間らしい人間”が次々に登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.