くらし情報『黒木瞳の博多弁に「強い!」「美しかった」の声多数…「Iターン」第2話』

2019年7月20日 09:20

黒木瞳の博多弁に「強い!」「美しかった」の声多数…「Iターン」第2話

Photo by cinemacafe.net

ムロツヨシ主演で日本で最も不幸なサラリーマンの物語を描くテレビ東京系ドラマ24「Iターン」。その第2話が7月20日オンエア。岩切が飼っているチワワ“昌三”のキュートさと、スナックのママ役で登場した黒木瞳の迫力ある博多弁に大きな注目が集まっている。

左遷同然の人事で“修羅の街”阿修羅市にやってきた中堅広告代理店社員・狛江光雄をムロさんが演じ主演。阿修羅市を牛耳る二大ヤクザのうちのひとつ「岩切組」の組長・岩切猛古田新太が演じ、岩切と犬猿の仲の「竜崎組」組長でサラ金「ドラゴンファイナンス」社長も務める竜崎剣司に田中圭。狛江が支店長を務める宣告社阿修羅支店の営業マン・柳直樹には渡辺大知、事務の吉村美月鈴木愛理といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
阿修羅市にやってきた狛江は挨拶に向かった先のサラ金「ドラゴンファイナンス」で竜崎から新規案件を獲得するが、下請けのオンボロ印刷所に見下すような態度を取ったばかりにわざと誤植したチラシを納品され「竜崎組」「岩切組」双方から借金を背負わされ、岩切組の舎弟にされてしまう。

本社の上司・高峰(相島一之)から大手百貨店の広告を受注しろという命令を受けた狛江が、部長の深町(木下隆行

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.