くらし情報『三谷幸喜監督作『ステキな金縛り』を“令和バージョン”で放送』

2019年9月14日 12:20

三谷幸喜監督作『ステキな金縛り』を“令和バージョン”で放送

Photo by cinemacafe.net

フジテレビ系「土曜プレミアム」では『記憶にございません!』の公開を記念して三谷幸喜監督作品を連続放送する企画を実施。9月14日(土)今夜は2011年公開の『ステキな金縛り』を三谷監督の再編集による“令和バージョン”でお届けする。

本作は2011年の邦画実写興行収入No.1となった大ヒットコメディ。『寄生獣』『岸辺の旅』の深津絵里が失敗続きの三流弁護士を演じ、裁判の証人となる落武者幽霊の六兵衛には『釣りバカ日誌』『アウトレイジ』シリーズの西田敏行、霊の存在など信じない検事・小佐野に『記憶にございません!』でも主演を務めるほか三谷作品の常連でもある中井貴一を迎える。

失敗続きで後がない三流弁護士エミ(深津さん)が担当したとある殺人事件。アリバイの内容は事件当夜、旅館の一室で金縛りで動けなかったという本人の証言だけで、無実を証明できるのはこともあろうか一晩中彼の上にのし掛かっていた落ち武者の幽霊だけ。

エミはその幽霊・六兵衛(西田さん)に会い、彼を証人として法廷に召喚するのだが、六兵衛は全ての人に姿が見えるとは限らなかった。しかもエミの前には一切の超常現象を信じない、敏腕カタブツ検事・小佐野(中井さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.