くらし情報『佐藤健、やさぐれ無精ひげ姿に「新鮮」の声『ひとよ』の役作りは“自然体”』

2019年11月9日 17:00

佐藤健、やさぐれ無精ひげ姿に「新鮮」の声『ひとよ』の役作りは“自然体”

Photo by cinemacafe.net

30歳を迎え、ますます俳優として円熟味を増す佐藤健。最新主演作『ひとよ』では、無精ひげ姿が印象的な“やさぐれフリーライター”役に。注目を集める本作の役柄を含め、進化を続ける俳優・佐藤健のこれまでの道のりをふり返った。

「電王」『るろ剣』から『8年越しの花嫁』まで代表作と出会う

2007年、「仮面ライダー電王」でドラマ初主演を飾った佐藤さんは、その後もドラマに映画に、次々と話題作へ出演。映画『るろうに剣心』シリーズは累計興行収入125億円を記録する特大ヒットとなり、彼の人気を不動のものに。第3作『伝説の最期編』での初日舞台挨拶では「一生の中で、出会えるか出会えないかの作品」と語るほど、佐藤さんを代表するシリーズとなっており、来夏には最終章となる2部作も待機している。

また、2017年には『8年越しの花嫁 奇跡の実話』では、結婚式目前に意識不明に陥ってしまった恋人の回復を祈り続ける一途な青年役を好演し、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。一方、『いぬやしき』(’18)では機械の体を手に入れ大量殺人を犯す悪役を演じ、今年公開された山崎貴監督作『ドラゴンクエストユア・ストーリー』では長編アニメーションで初主演声優を務めるなど、1つの色には染まらないカメレオン俳優ぶりも見せてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.