くらし情報『難民の少年がチェスチャンピオンを目指す『ファヒム パリが見た奇跡』公開』

2020年5月23日 17:00

難民の少年がチェスチャンピオンを目指す『ファヒム パリが見た奇跡』公開

Photo by cinemacafe.net

母国バングラデシュからパリへ逃れた政治難民の少年が、チェスチャンピオンを目指す実話を映画化した『ファヒムパリが見た奇跡』(原題:Fahim)。この度、8月14日(金)より日本公開が決定した。

ストーリー

政変が続くバングラデシュ。家族が反政府組織に属していたことに加え、チェスの大会で勝利を重ね続けるファヒムに対する妬みが原因で、徐々にファヒムと家族は脅迫を受けるようになっていた。自分たちの身に危険を感じた父親は、まだわずか8歳だった少年・ファヒムを連れ、2人だけでパリへ国外脱出、そこでチェスのトップコーチであるシルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)と出会う。

独特な指導をする、かつての天才チェスプレーヤーでもあるシルヴァンと、天才的頭脳で口達者なファヒムはぶつかり合いながらも、チェスのトーナメントを目指して信頼関係を築いていく。そんな中、移民局から政治難民としての申請を拒否されたファヒムの父親は、身の置きどころがなくなり姿を消してしまう…。迫りくる強制送還のタイムリミット、そこから逃れるための解決策はただ一つ。ファヒムがチェスのフランス王者になることだった――。

主人公の少年は、実際の亡命者の息子

ファヒムの才能をいち早く見抜き、彼をフランス王者にするために厳しくも愛情溢れた熱心な指導に没頭するファヒムのチェスコーチ、シルヴァンを演じるのはフランスの誇る名優ジェラール・ドパルデュー(『シラノ・ド・ベルジュラック』)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.