くらし情報『北村匠海・中川大志ら参加「リレー空想映画」完全リモートでサウンドドラマ化』

2020年6月18日 12:00

北村匠海・中川大志ら参加「リレー空想映画」完全リモートでサウンドドラマ化

北村匠海・中川大志ら参加「リレー空想映画」完全リモートでサウンドドラマ化

芸能プロダクション・スターダストに所属する役者や映画監督が、脚本をリレー形式でつないでいく企画「リレー空想映画」を5月10日よりスタートさせ、2つの脚本が完成。このたび、その2つの脚本を完全リモートでサウンドドラマ化し、デジタルコンテンツとしてリリースすることが決定した。北村匠海、中川大志らが参加した『嘘とマーガレット』は6月18日、葵わかな、中村ゆりか、清原翔らが参加した『もう一度逢えたら必ず』は6月25日にリリースされる。

「リレー空想映画」は、ステイホームの時間を少しでも楽しんでもらいたい、そして自分たちも楽しめるコンテンツを作りたいと考えた企画。1つの脚本をリレーで書いていくことで、それぞれの解釈や好みが加わり、思いもよらない方向へストーリーが展開し、見ているひとや脚本を書いている筆者自身もその過程を楽しむことができる。

サウンドドラマ化に際しては、映画監督・役者・アーティスト・ナレーター・芸人・作家など、多彩な才能が集まるスターダストならではの、所属者だけで完成させることができるコンテンツに。なお、ステイホームにより生まれた企画という思いから、デジタルコンテンツの収益の一部を公益社団法人日本医師会へ寄付する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.