くらし情報『宮世琉弥、苦手と思っても「まずはチャレンジ」“恩返し”の人生設計とは』

2021年3月27日 12:30

宮世琉弥、苦手と思っても「まずはチャレンジ」“恩返し”の人生設計とは

宮世琉弥、苦手と思っても「まずはチャレンジ」“恩返し”の人生設計とは

3月14日に発売されたばかりのファーストスタイルブック『RB17 りゅうびセブンティーン』(SDP)の重版も決定した俳優・宮世琉弥。

昨年末に出演した『恋する母たち』(TBS系)、最終回を迎えたばかりの『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(カンテレ・フジテレビ系)と順調に俳優業を駆け上がる宮世に、将来の目標として掲げる「映画を撮る」や、自分のやりたいことをやらせてくれる両親への思いのほか、田中将大投手が帰ってきた地元・宮城の東北楽天ゴールデンイーグルスへの期待も聞いた。

○■17歳の誕生日は、いつもと同じように家族と

――スタイルブックのタイトルの通り、今年1月に17歳になりました。誕生日はどのように過ごしましたか?

お仕事をして、ファンのみなさんと生配信でお祝いして、それから家に帰って、いつもの年と同じように両親と3人の妹たちと一緒に誕生会をしました。ケーキを前に、妹が「お誕生日おめでとう!」の掛け声をかけてくれて、「いえーい!」とお祝いしました。楽しかったです。

――発売になったスタイルブックではこの17年間をじっくり振り返れたとのことですが、この企画があったからこそ、改めて発見したことはありますか?

自分は何かを作ったり表現することが好きなんだなと改めて感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.