くらし情報『乙女新党の卒業控える葵わかな、アイドルと女優の間で揺れる本音と決断…そして覚悟「もっと上のレベルに行くために」 (1) 小豆島での撮影は「倒れこむようにして眠るような日々」』

2014年5月30日 12:30

乙女新党の卒業控える葵わかな、アイドルと女優の間で揺れる本音と決断…そして覚悟「もっと上のレベルに行くために」 (1) 小豆島での撮影は「倒れこむようにして眠るような日々」

乙女新党の卒業控える葵わかな、アイドルと女優の間で揺れる本音と決断…そして覚悟「もっと上のレベルに行くために」 (1) 小豆島での撮影は「倒れこむようにして眠るような日々」
2012年8月にクランクインした映画『瀬戸内海賊物語』が約2年の歳月を経て、31日に全国公開を迎える。すべてのはじまりは、2011年8月28日。この日は、「瀬戸内国際こども映画祭エンジェルロード脚本賞」の結果発表の日で、湯原弘康氏と後に監督・脚本・編集を務めることになる大森研一氏の「笛の伝言~瀬戸内海賊物語~」がグランプリを受賞。同作を原案に映画化が決定し、翌年2月の子役オーディションを経て、本格的に制作がスタートした。

実在した海賊・村上水軍の大将軍である村上武吉の血を引く少女・村上楓(柴田杏花)は瀬戸内の島で暮らし、クラスメイトの学(伊澤柾樹)、冬樹(大前喬一)と共に、村上水軍の埋蔵金探しに夢中になっていた。しかし、島民にとって生命線のフェリーが、老朽化を機に路線廃止の方向で話が進められていることから、島中が大騒ぎ。島の危機を救うべく、楓は水軍レースのエース・愛子(葵わかな)の助けを借りて、4人で財宝探しに繰り出す。

今年4月、高校に入学した葵わかなは、本作の撮影スタート時は中学2年生。葵が演じた愛子は、当初"仲間"という存在に疑問を抱いていたが、楓らと過ごす中で次第に改心していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.