くらし情報『瞳が輝きすぎる俳優・新田真剣佑の存在感…全てを受け止める演技力』

2019年2月3日 09:00

瞳が輝きすぎる俳優・新田真剣佑の存在感…全てを受け止める演技力

瞳が輝きすぎる俳優・新田真剣佑の存在感…全てを受け止める演技力

12人の未成年たちが廃病院で集団自殺を確実に実行すべく奮闘する問題作『十二人の死にたい子どもたち』(原作:冲方丁 監督:堤幸彦以下『シニコド』)が公開中。

12人の気鋭の俳優たちの中から注目の俳優たちについてレビューする短期企画。第1回のノブオ役・北村匠海については“ネタバレしない俳優”というテーマで書いた。彼と、サトシ役の高杉真宙と3人で、眼鏡対決する(注意:お話の中で対決するわけではありません。小道具使いの上での話です)シンジロウ役の新田真剣佑のことは、“瞳がキラキラしすぎる俳優”として書いてみたい。

○すべてを受け止めた男の芝居

各々悩みを抱えた十二人(新田真剣佑北村匠海黒島結菜杉咲花高杉真宙竹内愛紗橋本環奈萩原利久坂東龍汰、渕野右登、古川琴音吉川愛 以上50 音順)で集団自殺をしようと思ったら、なぜか死に場所にすでに死体があり、その謎を解くにあたって、シンジロウは探偵役を担い、その才能を存分に発揮する。病気で身体の自由がきき辛いため、思考することを唯一の楽しみにしている設定だから。あと、ほかにも理由があるが、それはぜひ映画を見ていただきたい。

ともあれ、思考することが唯一の楽しみと聞くと、なんだか気の毒に思えてしまうが、いいえ、そうではない、シンジロウは絶望に負けず、生きる強さをもっている、少なくとも、新田真剣佑はそう感じさせてくれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.