くらし情報『センター試験出願開始! 安定志向をベースに多様化する今どき大学選び』

2012年10月1日 16:24

センター試験出願開始! 安定志向をベースに多様化する今どき大学選び

センター試験出願開始! 安定志向をベースに多様化する今どき大学選び
2013年度のセンター試験の出願スタート。

本格的な入試シーズンへ向けての助走が始まった。

長引く不況の影響等から、安定・内向き志向と言われる近年の受験生。

ベネッセコーポレーション高等教育研究所の村山和生氏は、今年も同様の傾向としながらも、大学選びの多様化についても指摘している。

そこで同氏に、センター試験の予測データや現場での実感を踏まえ、今どきの大学選びの傾向を分析して頂いた。

2013年度は久しぶりの18歳人口の増加(対前年でおよそ6万5千人増)により、センター試験の出願者数も増加が予想されている。

また学部別では、引き続き理系学部は志願者増、文系学部の志願者はあまり増えないとの予想。

近年続く受験生の理系志向について、村山氏は「理系の子ども自体の増加傾向」を指摘する。

理系増、文系減のわかりやすい例は、最近の進学校のクラス編成。

かつては文系クラスが半分以上を占める学校がほとんどだったが、現在では文系と理系のクラスが半々、あるいは理系クラスの方が多い学校もあるという。

「高校生の時点で、大学受験を理系に選択するようになったわけではなく、もっと前の段階の中高受験時から理系志向の子どもが増えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.