くらし情報『『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?』

2017年12月22日 19:30

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

先週放送された第10話のテーマは「出生前診断命についてのすべてのこと」。これまでのエピソードの中でも、とりわけ重いテーマだ。

■軽い気持ちで出生前診断を受けないで

NIPT(新型出生前診断)を受け、21トリソミー陽性と診断が下った妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野剛)のもとを訪れる。この診断は、お腹の赤ちゃんが高い確率でダウン症候群であることを示していた。

目次

・軽い気持ちで出生前診断を受けないで
・出生前診断、もう一組の夫婦の事情
・ダウン症の子を持つ母・奥山佳恵が考える理想
・「それぞれの事情の上に命は生まれてくる」


さらに確度の高い羊水検査の受診を希望する光弘だが、透子は無言のままだ。しかし、高山夫妻は、結果をどう受け止め、現実的に対処するかを考えなければいけない。

「僕たちはどんな結論になっても、高山さんの結論を支えていきます。これからのこと、一緒に考えていきましょう」

サクラの言葉が本当に優しい。寄り添うってこういうことだ。

なお、ドラマ内で四宮(星野源)が指摘しているが、検査だけを行って患者を放り投げてしまう出生前診断には注意が必要だ。日本産婦人科学会の「出生前に行われる遺伝学的検査および診断に関する見解」には、「検査前によく説明し適切な遺伝カウンセリングを行った上で、インフォームドコンセントを得て実施する」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.