くらし情報『「ダサい服は着たくない」障がいのある人のファッションに光をあてる理由』

2018年7月27日 12:00

「ダサい服は着たくない」障がいのある人のファッションに光をあてる理由

自分の好みや体型に合ったファッションを、思い切り楽しみたい――。

こんなありふれた願いを、「身体に障がいがある」という理由で諦めなくてはいけない人たちがいます。

目次

・“怒り”が仕事への原動力だった
・たどり着いたのは“身体障がい者の方と共に着られる服”
・介護者のためだけに作られた服に、一石を投じたい
・“自立服”の確立を目指して
・加藤千晶プロフィール


「障がい者用のダサい服は、もう着たくない」

そんな声を聞いて立ち上がったのが、ファッションデザイナーで「a.ladonna.(アラドナ)」の代表、加藤千晶(かとう・ちあき)さん。

Dsc03292


ファッションブランド「a.ladonna.」の代表を務める加藤千晶さん。

「障がいのある人のために服を作ろうとすると、どうしても“介護者に寄り添った服”になってしまう。それは機能的なだけで、デザインとしてはダサいことが多いんです」

加藤さんはこう話します。

その現実を目の当たりにしたとき、培ってきた自身のデザインが役に立てるかもしれないと一念発起。“障がいのある方と共に着られる服”をテーマに、新しいライン「a.ladonna.+(アラドナプラス)」を立ち上げました。

ここでは、そんな加藤さんの怒りを抱えながら疾走したアパレル時代、人から必要とされる喜びに目覚めた今、そして一歩先に描いたビジョン……など、彼女のヒストリーに迫ります。

■“怒り”が仕事への原動力だった

——加藤さんが幼い頃から描いていたというデザイン画を拝見したのですが、「本当に子どもが描いたの?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.