2017年4月13日 10:12|ウーマンエキサイト

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

皆が憧れるステージで活躍する大人って、どんな子ども時代をすごしたのでしょうか? ゆめを叶えた大人はどんな風に育てられたのか、人生まだまだヒヨっ子のちゃずがインタビュー!

第6回は、2017年4月8日(土)より公開中の『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』にゲスト声優として出演する渡辺直美さんにお話しいただきます。多彩な才能は、どのようにして磨かれたのでしょうか。

渡辺直美さんプロフィール
1987年、茨城県生まれのお笑い芸人。吉本興業所属。NSC(吉本総合芸能学院)東京校12期生。歌手ビヨンセのモノマネで一躍人気に。ファッションブランド「PUNYUS」のプロデューサー、“インスタ女王”としても注目を集めている。洋画の日本語吹替えやアニメでは声優としても活躍し、2017年4月8日(土)より公開中の『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』では女の子の機関車アシマ役を務める。 Instagram:https://www.instagram.com/watanabenaomi703/


■コンプレックスを笑顔でプレゼン!

ちゃず:『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』は、トーマスがコンプレックスを乗り越える様子も描かれています。渡辺さんは、子ども時代にそういった経験、ありましたか?

渡辺:私は日本人の父親と、台湾人の母親から生まれたんですが、両親の離婚により母子家庭で育てられました。あまり裕福ではなく、洋服やお菓子は物価の安い台湾のものを与えられていたのを覚えています。

台湾の洋服って、本当に安いんですよ。「Tシャツ5枚で100円」みたいな。その代わり、偽物のキャラクターがデザインされているものとか、ものすごくダサいものばかりでした。

ちゃず:日本と台湾の文化の違いがあったんですね。それを理由に、いじめられることなんかもありましたか?

渡辺:それが、全然なかったんですよ。例えば、私が台湾の飴を友だちにあげると、「こんな飴、見たことがない」とか言われて、恥ずかしい思いをしたことはあります。

でも、私が「美味しい」って言って食べ続けていると、友だちのほうから、「あの飴、また買ってきて」って言ってくれるようになるんです。

コンプレックスって、自分がコンプレックスだと思えば思うほどより強くなってしまうもの。私の場合、コンプレックスを笑顔でプレゼンすることで乗り越えてきました。

その結果、友だちにも受け入れてもらえたし、それを認めてくれるのが本当の友だちなんだと思います。

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

■子ども時代のパワーが、いまの芸につながっている

ちゃず:渡辺さんご自身は、どんな性格だったんですか?

渡辺:人見知りだけど八方美人! 小学生の頃からものすごくおしゃべりで、めちゃくちゃうるさかったと思います。オタク系やヤンキー系まで、誰とでもしゃべれたので、学年全員と仲良しでした。あと、面白いことが大好きで、面白いことを追求し続けていました。

休み時間には、モノマネを披露して、みんなを笑わせて。外で遊ぶのも大好きで、一輪車で坂を登ったり、バドミントンクラブに通ったり、とにかく活発に好き放題やっていました。

ちゃず:それで、お母さんに叱られることは?

渡辺:「うるさい!」ってよく叱られていました。でも、私は言われ慣れていたので、「はいはい」みたいな感じで受け流していて。お母さんもお母さんで、ダメなことはダメと伝えつつ、好きなことをさせてくれていたんだと思います。

加えて、本当にやってはいけないことや、相手に嫌な思いをさせてしまうことっていうのは、学校の友だちを見て学んでいました。そういう意味でも、よい環境だったと思います。

ちゃず:だからこそ、のびのびと成長できたんですね。

渡辺:好き放題にしゃべったり、走り回ったりさせてもらえたおかげで、いまこうして踊ったり、歌ったりする活動ができています。

子ども時代からの溢れんばかりのパワーを、仕事に替えることができたわけです。

だから、おてんばすぎて大変な子もいると思うけど、見守ってほしいって、世の中のお母さん方に伝えたいですね。将来、お子さんがそのパワーを、活かせるときがくるかもしれませんと。

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

■年上からは最初に嫌われ、あとから好かれる

ちゃず:そんなパワフルな渡辺さん。周りの人たちからも、すごく好かれていたでしょうね。

渡辺:悪気はないのですが、年上の人から態度が大きいと思われがちです。

最初は誤解をされたり、嫌われたりして、あとから誤解が解けて好かれるパターンが多いです。

高校時代、バレー部の部長に選ばれたときも、最初は顧問の先生と折り合いが悪かったんです。

先生が、後輩たちの前で、「おまえたち、渡辺が部長で本当にいいのか? であれば、渡辺のいいところを挙げろ」とか言って。

ちゃず:え!? それで、後輩たちはなんて?

渡辺:「明るくて楽しい人です!」「とにかく面白いです!」「歯がきれいです!」って、そこかよ! みたいな(笑)。でも、そんな感じでほめてくれました。

それで、私からも、その後あらためて先生に、「私に何かあるようでしたら、ごめんなさい」って謝ったんです。

そうしたら、先生も、「あれ? こいつ素直なやつじゃん」って思ってくれたみたいで。最後には、「渡辺が部長で本当によかった」と言ってくれました。

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

■渡辺直美流! 友だちづくりの秘訣

ちゃず:こうしてお話を聞いていると、渡辺さんは本当に人間関係に恵まれていますよね。友だちづくりの秘訣はありますか?

渡辺:友だちづくり、と聞いて思い出すのはNSC時代のことです。18歳で自分としてははじめての大きな決断をし、東京へ出てきて、入ったNSC東京校。そこには、年齢もタイプもさまざまなライバルたちがたくさんいたんです。

八方美人な部分がありつつも、人見知りな性格で自分から「相方になろうよ」って言えませんでした。

ちゃず:では、当時どうやって相方を見つけたんですか?

渡辺:NSCではネタ見せの機会があるんですが、そのときに、まずはピンでネタをやってみて、自分がどういう人間かを伝えようと考えたんです。それで、面白いと思ってくれた人と組みたいな、と。

中学校のときからやっていたモノマネを披露したんですけど、それからいろいろな人から声をかけられるようになりましたね、「ご飯食べよう」とか。

ひとりと気が合えば、そこからどんどん気の合う人たちが集まって、自然と友だちの輪が広がります。

ちゃず:まずは、自分を知ってもらうことが大事なんですね。

渡辺:自分から声をかけられないのなら、別の手段で自分を知ってもらうようにするのもひとつの手かな、と。自分の得意なこと、苦手なことを思いきって発表しちゃったほうが、友だちになりやすいと思うんです。

苦手なことを発表するのは、確かに恥ずかしい。でも、それについてとやかく言う人とは、どちらにしても友だちになんてなれないですよね。

だから、私は素直に苦手なことを伝えるし、相手に相談したり、頼ったりします。それを受け入れてくれる人と友だちになれたほうがいいじゃないですか。

ちゃず:渡辺さんの素直さ、見習いたいです! どうやって身につけたんですか?

渡辺:なんでしょうね。誰かから怒られたら、何がよくなかったかを考え、それをすぐに反省して謝る。そういうのを繰り返してきたからかもしれません。

さっきお話ししたバレー部のときもそうでした。

いまでも、先輩芸人の吉村さん(平成ノブシコブシの吉村崇)や綾部さん(ピースの綾部祐二)から、よく怒られるんですが、「おまえのことを信じているから怒るんだよ」「おまえはパワーがあるし、素直に頑張ってくれるから」って言ってくださるんです。

素直さで大変な思いをすることもあるけれど、それがあるからこそ、先輩方も見放さないでいてくれているのだと思います。

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

■トーマスは現代にピッタリの映画

ちゃず:家族、友だち、先輩、先生など多くの方々に愛され、才能を開花させ、表現の幅を広げてきた渡辺さん。『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』アシマ役を演じてみていかがでしたか?

渡辺:アシマは、精神的にはお姉さんだけど、まだまだ子どもらしい一面もある。その絶妙な強さ、明るさを演じるのが難しかったです。

私の声って、もともと低いんですよ。それでいて、高い声を出そうとすると、ふざけているみたいな声になっちゃう。アシマの可愛らしさを表す、ちょうどいい声色が出せるよう、精一杯頑張りました。

ちゃず:子どもの頃から、『きかんしゃトーマス』は観ていましたか?

渡辺:観ていました! 毎朝、保育園に行く前に、チーズパンを食べながらトーマスを観る。それが、保育園時代の私の日課だったんです。だから、今回のお仕事前にも、チーズパンをかじりながら思い出を振り返りました(笑)。

ちゃず:映画でお気に入りのシーンは?

渡辺:歌のシーンです。私の歌が、そのままアシマの歌として流れますからね、

納得するまで撮り直してもらいました。歌詞のいいところをきちんと聴かせるように意識しましたね。

歌詞がとてもいいんです。

トーマスが抱える「他人をうらやむ一方で、自分にも自信がある」という葛藤に対する、「いまのあなたのままでいい。いまのあなたを輝かせましょう」というメッセージを感じることができます。

私もトーマス側だと思うから、アシマの声を演じながら、自分に言い聞かせているみたいでした。まさに、現代にピッタリの映画だと思います!

ちゃず:ありがとうございました!

フォロワー640万人の渡辺直美が世の中のママたちに伝えたいこと トーマスの魅力も語る! 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.6】

いまや、ステージでたくさんの人を笑わせている渡辺さんが、実は人見知りだということが意外でした。人前に出ていく道を選ぶのは、とても勇気のいることだったのではないでしょうか。

渡辺さんは、小さい頃から「うるさい!」と注意されてしまうほどの溢れるパワーを大切にし、いまのスタイルを築かれてきました。他人と違った感性を塞いでしまうか、活かしていくかは自分次第なんですね。

ヒヨっ子ちゃずの欠点は、どうやって活かしていけるかな。そんなことを考えさせられました。刺激的で楽しいインタビューの時間を、ありがとうございました。

『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』

『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』
4月8日(土)より、シネ・リーブル池袋、全国イオンシネマ(一部劇場除く)ほかにて公開中
HP:http://movie2017.thomasandfriends.jp/

【提供】ソニー・クリエイティブプロダクツ
【配給】東京テアトル
(c) 2017 Gullane (Thomas) Limited.


取材:イラストレーターちゃず  文:馬島利花 


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.