くらし情報『【日曜劇場『DCU』第6話感想・考察】横浜流星は何を信じる?吉川晃司の正体とは・ネタバレあり』

2022年3月4日 18:04

【日曜劇場『DCU』第6話感想・考察】横浜流星は何を信じる?吉川晃司の正体とは・ネタバレあり

目次

・今回の舞台は水族館
・水族館プロデューサー・根岸那由は何者?
・成合は悪じゃない?瀬能の信じる道とは
・笑いが止まらない!まるでコントのようなワンシーン
【日曜劇場『DCU』第6話感想・考察】横浜流星は何を信じる?吉川晃司の正体とは・ネタバレあり

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年1月スタートのテレビドラマ『DCU』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

ついに成合(吉川晃司)が瀬能(横浜流星)に接触。肝となる今作最大のミステリーが本格的に動き始め、どんどん目が離せない展開になってきました!

第6話の見どころと、動き出した成合の行動について考察していきたいと思います。

今回の舞台は水族館

DCUは水に関わる事件・事故を解決する組織ということでしたが、水=海、川、湖とは限らないのです。今回はなんと水族館!

溺死した身元不明の女性の遺体が横浜の港で発見され、調べていくうちに殺害現場は、ある水族館であることが判明しました。

そこで働く、魚サプライヤーの木見一郎(加藤雅也)と水族館プロデューサー・根岸那由(明日海りお)はいかにも不審な動きを見せますが、事件の証拠はどこにもなく頭を抱えるDCU。

しかし、水族館のアクリル板に入っていた傷が、被害者の身に付けていた婚約指輪によってできた傷だと判明し、被害者の婚約者であった木見が犯人が逮捕となりました。

指輪のダイヤが外れ、水槽の中のエイが食べてしまっていたというのは水族館ならではのトリックでしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.