くらし情報『森三中・黒沢に「感染を放置していた」の声 鈴木おさむの反論に、ハッとする』

2020年4月4日 16:42

森三中・黒沢に「感染を放置していた」の声 鈴木おさむの反論に、ハッとする

森三中・黒沢に「感染を放置していた」の声 鈴木おさむの反論に、ハッとする

2020年4月4日、お笑いトリオ『森三中』の黒沢かずこさんが、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)に感染したことが分かりました。

4日現在、肺炎の症状はおさまったものの、味覚や嗅覚の異常が続いているため、黒沢さんは自宅療養をしています。

森三中・黒沢かずこがコロナ感染ネットで「心配」「ゆっくり休んで」の声

所属事務所の発表によると、黒沢さんは同年3月21日に発熱と味覚などの異常を訴え、都内の保健所へ連絡。複数の医療機関を受診した結果、4月3日夜にコロナウイルスの感染が発覚したのだそうです。

黒沢さんの行動に対し、一部のメディアでは「2週間放置していた」といった事実とは異なる報道も…。

これに対し、放送作家であり、『森三中』のメンバー・大島美幸さんの夫でもある鈴木おさむさんが、Instagramで反論しました。

鈴木おさむ「検査してもらえないのが一番怖い」

鈴木さんは、黒沢さんについて「コロナウイルスの疑いを考慮して、26日から仕事を休んでいた」と説明。

続けて、黒沢さんがコロナウイルスかどうかの検査をしてもらえず、ずっと苦しんでいたことを明かしました。

ネットニュースで二週間放置なんて書いてるものもありましたが、大嘘です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.