くらし情報『釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声』

2020年6月28日 16:48

釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声

釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声

レジを待つ列は間隔を空けて並ぶようになったり、マスクを着用しての接客が当たり前になったりと、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)により、これまで当たり前とされてきたことが大きく変わりました。

会計時の金銭の受け渡し方法も、コロナウイルス感染拡大前と後で変わったことの1つ。

これまでは手渡しで行われていましたが、トレーを使ってお釣りを渡す店も増え、店員と客の接触が必要最低限に抑えられています。

しかし、トレーを使ってのやりとりに苦言を呈する人も…。ぱれちに(paretiny)さんがInstagramに投稿した漫画をご紹介します。

釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声
釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声
釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声
釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声
釣り銭の渡し方に、おじいさんが? 発した言葉に「こういう人、多すぎ」の声

確かに、これまでは手渡しが『普通』とされてきました。

しかし、完全にコロナウイルスが終息したわけではなく、引き続き感染予防が必要な今、トレーでの受け渡しという新しい方法を受け入れるほかありません。

また、仮に感染予防のためでなくても、店員をどなりつけるほどのことでしょうか…。

漫画には、実際に職場でレジ業務を行っている人からコメントが寄せられており「こういう人は少なくない」といいます。

・世の中がなぜ非常事態なのか、なぜいつもと違うのかを理解しようとしない人たちのせいで、ほかのみなさんの自粛や防衛、自衛のための努力が水の泡にならなければいいなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.