くらし情報『相次ぐ感染クラスター報道に、古市憲寿がツッコミ 「本当にそれ」「よくぞいってくれた」』

2020年8月17日 16:54

相次ぐ感染クラスター報道に、古市憲寿がツッコミ 「本当にそれ」「よくぞいってくれた」

目次

・古市憲寿「感染者0ではなくて、死者の数を減らす」
・古市憲寿が接触確認アプリを推奨
相次ぐ感染クラスター報道に、古市憲寿がツッコミ 「本当にそれ」「よくぞいってくれた」

2020年8月16日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、社会学者の古市憲寿さんが出演。

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)にまつわる発言が話題になっています。

古市憲寿「感染者0ではなくて、死者の数を減らす」

番組では、島根県のサッカー強豪校の学生寮でコロナウイルスが流行し、選手らを中心に集団感染が起きた1件について特集。

無症状や軽症を訴える感染者が多いことが危険視される中、古市さんは次のような持論を展開しました。

一方ではやっぱり、原点に立ち返るべきだと思っていて。

我々はコロナで何を目指すべきかっていうと、感染者0ではなくて、死者の数を減らす。

重症の方の数を減らすと考えると、基本は重症化しやすい高齢者の方と、現役世代ができるだけ会う回数を減らしてくっていうのがコロナの基本じゃないですか。

ワイドナショーーより引用

コロナウイルスが身近に存在する以上、どれだけ気を付けて感染予防対策をしていても、感染してしまうことはあります。

古市さんは、猛威を振るい続けるコロナウイルスについて「感染者数より死者数を減らすことを目指す」という視点を持つことが大切だと説いたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.