くらし情報『20歳の誕生日に浮かれる男性 母に「産んでくれてありがとう」とメールをすると…?』

2020年9月14日 16:36

20歳の誕生日に浮かれる男性 母に「産んでくれてありがとう」とメールをすると…?

ですが、20歳を迎えたということはとても特別なことのように思えたのです。

授業を終え、部活までの間1人になった私は、狭い部室で椅子に腰掛け、今までの自分の人生を振り返っていました。

携帯電話の着信音に気付き、画面を確認すると、すぐに母親からのメールだと気がつきました。高揚感や大人になった達成感が自分の心のほとんどを占めており、親の存在を忘れていました。「そういえば親がいたな」くらいにしか思っていなかったのです。

過保護な親から、またお節介なメールが来たのかな、と思いメールを開きました。

短く、シンプルな文章でした。

「お誕生日おめでとう」

母親から誕生日を祝うメールが来たことにまず驚きました。今まで母親に誕生日を祝われたことがなかったのです。

私は気持ちがたかぶっていたこともあり、普段なら絶対言わないような言葉で返信しました。

「産んでくれて、ありがとう」

送った後、なんだか恥ずかしくなってきましたが、もう送ったメールは取り消せません。今まで、母親にしてもらったことを、思い返してみました。物心ついた頃から、母親は毎日ご飯を作り、私が高校生の時はお弁当も作り、買い物をし、洗濯をし、家の掃除をしてくれていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.