くらし情報『「どこでも、こども食堂を」 全国の飲食店が連携するプロジェクトがスタート』

2021年3月5日 19:13

「どこでも、こども食堂を」 全国の飲食店が連携するプロジェクトがスタート

目次

・「地域問わず、こども食堂を」全国の飲食店が連携
・『こどハピ』の利用方法は?
※写真はイメージ

近年、子供の貧困が大きな社会問題となっており、支援の活動のひとつとして、『こども食堂』が全国的に広がっています。

『こども食堂』とは、地域住民や自治体が主体となって、無料または低価格で子供たちに食事を提供する場のことで、子供たちに温かい食事を提供するだけでなく、地域住民のコミュニケーションの場としても機能しているそうです。

こうした取り組みが広がる一方で、まだまだ支援が足りていないのが現状とのこと。そこで、あるプロジェクトが開始されました。

「地域問わず、こども食堂を」全国の飲食店が連携

企業の福利厚生サービスとして、近くの飲食店を社食として使用できる『どこでも社食&学食』を運営する、株式会社シンシアージュ。

同社は2021年3月4日、こども食堂を開催するプロジェクト『こどハピ』をスタートしました。

「どこでも、こども食堂を」 全国の飲食店が連携するプロジェクトがスタート

この『こどハピ』は、『どこでも社食&学食』の加盟飲食店1万5千店と提携し、地域を問わず、こども食堂を開催するというもの。

さらに、全国の講師とも提携し、オンラインなどで『お絵かき教室』や『音楽教室』『スポーツ教室』など、学習面でも子供達の成長をサポートする『こども学習』も実施していくそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.