くらし情報『生理用品を買えない女性たち 「どうにかしよう」と話題になる中、豊島区が英断!』

2021年3月15日 13:17

生理用品を買えない女性たち 「どうにかしよう」と話題になる中、豊島区が英断!

※写真はイメージ

「生理用品を買えない人たちがいる」

そんな悲しい話題がネット上で注目を集めています。

生理用品を買えない人たちの背景は、貧困だったり、DVや親との関係で買ってもらえなかったりとさまざま。

ただでさえ心身がつらいのに、『生理用品を買えない苦しさ』まで背負わなければならない状況は悲惨です。

胸を痛めた人たちが支援の必要性を訴える中、豊島区がTwitterを更新。いち早く支援の手を差し伸べました

生理用品の配布で女性たちを救う

豊島区は、生理用品を用意することが難しい人を対象にしたお知らせを投稿。

2021年3月15日から、豊島区内の『子育て支援課女性相談グループ』『男女平等推進センター』『豊島区民社会福祉協議会』で生理用品を配布することを告知しました。


本人証明などの提示は必要なく、『TOSHIMA Sanitary Drive』と書かれたこちらの画像を見せるだけでOK!

スマホを持っていない人は、窓口に置いてある、同じデザインのカードを掲示すると受け取れるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.