くらし情報『中川翔子「そっとしておいて」 壮絶なストーカー被害を告白、内容に心配の声』

2021年3月6日 13:52

中川翔子「そっとしておいて」 壮絶なストーカー被害を告白、内容に心配の声

目次

・中川翔子「もう、つらくてどうにかなりそうだった」
・ストーカー被害を防ぐために
中川翔子「そっとしておいて」 壮絶なストーカー被害を告白、内容に心配の声

2021年3月5日、タレントの中川翔子さんがYouTubeチャンネルを更新。長年悩まされてきた、『ストーカー被害』について告白しました。

2018年、中川さんをつきまとったとして、ある男性がストーカー規制法違反の疑いで逮捕。

しかし、この事件以外にもストーカー被害は何度も発生しており、そのたびに引っ越しを余儀なくさせられたといいます。

中川翔子「もう、つらくてどうにかなりそうだった」

動画によると、中川さんの行きつけの店へ突然来て、「中川翔子を出せ」「中川翔子と約束してる」「中川翔子と結婚してる」と騒いだり、暴れたりする人がいたそうです。

しかし通報をしても、警察は被害がないと逮捕ができないため、被害を受けてもほとんどが泣き寝入りになってしまうのだとか。

さらに、昔住んでいたマンションでは「エレベーターの中で身体をつかまれ、盗聴・盗撮をされたこともあった」といいます。

急いで引っ越しをせざるを得なくなった中川さんですが、猫を飼える物件がすぐに見つからず、愛猫と半年間も離ればなれで暮らしたことも。当時をこう振り返り、このように述べました。

どうにかなりそうでした。本当につらくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.