くらし情報『毒蝮三太夫 ラジオ番組50周年“下駄ロケ”へのこだわり』

2019年11月29日 06:00

毒蝮三太夫 ラジオ番組50周年“下駄ロケ”へのこだわり

毒蝮三太夫 ラジオ番組50周年“下駄ロケ”へのこだわり


「開始当時は、午前10時半から放送だった。だから、平日その時間に働いている若い人じゃなくて、たまたま年寄りが来ちゃった。それで50年も続けていたら、いつしか“年寄りのアイドル”とか言われるようになったんだよ」

そう語るのは、“まむちゃん”“まむしさん”の愛称で親しまれる、俳優の毒蝮三太夫さん(83)。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』(毎週金曜日『たまむすび』内・午後2時〜TBSラジオ)は、今年10月で50周年を迎えた。

同番組は公開生中継。まむしさんは毎週、商店や工場などさまざまな場所に出向く。番組の名物といえば、まむしさんの“毒舌”を交えたお年寄りとのふれ合い。“ババア、生きてるか?”と歯に衣着せぬまむしさんに、お年寄りは大爆笑なのだ。

「『おいババア、汚ねぇな。くたばりぞこない』とか面と向かって言うもんだから、TBSには毎度のようにクレームが届いているみたい。中継現場はどんな人が集まったっていいから、おれにそんなこと言われて怒った人が、いきなり刺しにきてもおかしくないよな。スタッフはヒヤヒヤしているよ(笑)」

インタビュー当日も、「ミュージックプレゼント」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.