くらし情報『「マスク探しに」口実が18%…コロナ不倫見分ける4つの特徴』

2020年6月4日 15:50

「マスク探しに」口実が18%…コロナ不倫見分ける4つの特徴

コロナ禍での不倫密会が爆増しているという(写真:アフロ)

コロナ禍での不倫密会が爆増しているという(写真:アフロ)



「外出自粛が要請されていた4~5月の間でも、わが社には850件ほどの不倫相談がありました」

そう語るのは、総合探偵社株式会社MRの岡田真弓社長。株式会社MRは5月にコロナ禍中の不倫、いわゆる“コロナ不倫”に関する調査を実施したという。そのきっかけについて、岡田社長は次のように語る。

「実際に浮気調査もしてみた結果、判明したのが、コロナ不倫疑惑の的中率の高さでした。ふだんでも、探偵社に相談に来るぐらいですから、調査したうち80~90%ほどが実際に不倫をしているのですが、コロナ禍中の依頼ですと、95%が“クロ”と、かなり高い確率だったのです。そんなコロナ不倫の実態を探るために、アンケート調査を行いました」

対象は“現在浮気をしている”35~60歳の既婚男女128人。アンケートによれば《コロナ禍前後で浮気相手と直接会う頻度に変化は?》といった質問に対して、なんと18.0%の男女が《増えた》と回答している。

なかには《週3回以上会っている》と、答えた人もいたという。外出の機会自体が減っているはずなのに、なぜ密会数は増えているのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.