くらし情報『【立川志らくインタビュー 前編】10回目となった師走恒例の独演会で「芝浜」を』

2020年12月3日 07:00

【立川志らくインタビュー 前編】10回目となった師走恒例の独演会で「芝浜」を

立川志らく/撮影:山田雅子


落語家・立川志らくにとって、この1年は、人生が一変する激動の月日だったに違いない。といっても、コロナのことではない。TBS系列で、月曜日から金曜日まで全国放送されている朝の情報番組『グッと!ラック』でのメインMCが2019年9月から。同じチャンネルですぐ後に続く『ひるおび!』の第1部にも、そのまま月曜日から金曜日までコメンテーターとして出演し、今や、この人の顔をTVで観ない日はない、と言って、ほぼ言いすぎではないだろう。

その彼が、これまで10年間にわたって、「その年の自分の落語の語り納めの場」と決めてきた特別な会が、12月のよみうりホール公演である。

クラシックファンにとって、12月がベートーべンの「第九」の月であるように、落語家と落語ファンにとって、12月は「芝浜」の月だ。仕事は一流だが酒びたりの魚屋と、その妻。人生の苦労を乗り越えたふたりが、大晦日に交わす、真実の絆の会話に、落語ファンは胸を熱くし、ゆく年くる年を静かに噛みしめる。「芝浜」とは、そういう噺。12月17日(木)、「2020今年最後の立川志らく独演会」(第10回)。当代随一の「芝浜」を聴くならここだ。

今年の語り納めの場を前に、立川志らくのインタビューを2回にわたってお届けする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.