くらし情報『相次ぐ高齢者のペダル踏み間違え…認知症を患っていたら罪に問われない?』

2017年7月1日 22:45

相次ぐ高齢者のペダル踏み間違え…認知症を患っていたら罪に問われない?

目次

・暴走が認知症による勘違いから起こったら
・認知症が認められたら運転させない環境を作る
相次ぐ高齢者のペダル踏み間違え…認知症を患っていたら罪に問われない?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

高齢者の運転する車の事故報道を見聞きする機会が増えたのではないでしょうか。

よくあるのが、アクセルとペダルを踏み間違えるパターン。この操作をすると、意図せぬ暴走で惨事になることもあります。

統計によれば、交通事故の総数は減っていますが、65歳以上の高齢者ドライバーによる事故の割合は増加しているようです。

このデータもあり、2015年に道路交通法が改正されて75歳以上の認知症対策が免許更新時に行われ、免許返納制度も採用されました。

■暴走が認知症による勘違いから起こったら

問題は、たいていの事故が意図的な暴走運転ではなく、高齢者の勘違いから起こっていることです。もし、その高齢者に軽度の認知症が認められたとしたら、死傷者が出た場合でも罪に問われるのでしょうか?

星野宏明弁護士にお訊きしました。

交通事故の加害者には、不法行為責任として、被害者に損害賠償をしなければなりません。これは民事上の責任で、たいていの方は事故に備えて任意保険に加入されていますよね。問題は刑事責任で、自動車運転過失致死傷罪に問われます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.