くらし情報『軽い気持ちでデマの情報をSNSに投稿…罪に問われることも』

2017年7月7日 23:10

軽い気持ちでデマの情報をSNSに投稿…罪に問われることも

目次

・無害なものであれば罪に問われない
・風説の流布
・名誉毀損
・業務妨害
軽い気持ちでデマの情報をSNSに投稿…罪に問われることも

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

SNSブログなどを利用している人は多いと思いますが、個人から情報発信をすることができる、ということは一昔前からすると非常にすごいことです。

個人の情報発信が増えるということは、それだけ自由闊達な議論ができることにつながるため、プラスの側面があるといえます。

しかし、これを悪用して、稀にデマを流す人もいます。誰も傷つかないデマであれば問題ありませんが、場合によっては誰かを傷つけたり、社会の混乱を招いてしまうこともあります。

このようなデマ情報を公開した場合、どのような問題があるでしょうか。

■無害なものであれば罪に問われない

仮に、デマを発信したとしても、そのデマが誰にも信用されないものであるとすれば、何の影響力もないため、問題にされることはありません。

しかし、デマにより他人に迷惑をかけるようなことになれば、いろいろな法律に抵触する可能性が出てきます。

■風説の流布

デマといってもいろいろな種類があると思いますが、たとえば上場企業についてのデマを流して、株価に影響を及ぼすことを目的にしている場合、「風説の流布」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.