くらし情報『増加する企業の公式Twitter…炎上を招いたら担当者を処分できる?』

2017年10月3日 21:40

増加する企業の公式Twitter…炎上を招いたら担当者を処分できる?

目次

・炎上トラブルも多々発生
・企業Twitterの炎上で担当者を処分することはできる?
増加する企業の公式Twitter…炎上を招いたら担当者を処分できる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

昨今は企業が公式Twitterを設置するケースが増えています。これは日本人にTwitterが広く普及しているためで、有功なツールとして各社が重視していることに起因していると思われます。

■炎上トラブルも多々発生

有用性が認められている一方、炎上することも増えています。

特に最近は企業アカウントがほかの企業のアカウントを差別化を図る意味で「ゆるさ」をウリにするアカウントが登場し、ツイートの内容が賛否両論となることが多く、場合によっては謝罪やアカウント停止の措置がとられることもあります。

また、個人アカウントのつもりでツイートしたことが間違って企業アカウントで呟いてしまい、思わぬ波紋を広げたケースも。そうなると企業のイメージを損なうわけですから、担当者の処分も考えなければいけなくなるでしょう。

しかし、Twitterの不適切発言だけで担当者を処分するのは、少々やりすぎのようにも思えます。実際のところどうなのでしょうか?

法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士にご意見を伺いました。

■企業Twitterの炎上で担当者を処分することはできる?

「懲戒処分をするためにはそもそも懲戒について定めた就業規則があり、それに違反していることが必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.