くらし情報『がん保険と医療保険のどちらを選ぶのが良いのか?その違いは?』

2019年1月29日 13:55

がん保険と医療保険のどちらを選ぶのが良いのか?その違いは?

目次

・がん保険と医療保険の共通点
・がん保険と医療保険の相違点
・がん保険と医療保険をどちらを選べばよいのか
・がん保険と医療保険の比較まとめ
がん保険と医療保険のどちらを選ぶのが良いのか?その違いは?


がん保険と医療保険はどちらを選ぶのが良いのでしょうか?あるいはどちらを優先して先に加入するのが良いのでしょうか?すでに医療保険に加入している人はがん保険は不要なのでしょうか?または、がん保険と医療保険の両方に加入していて、重複した保障で無駄になっていないかどうかを確認したいという方もいるかもしれません。

今回はがん保険と医療保険の共通点や相違点、そしてどちらを選ぶのが良いのかをわかりやすく説明していきたいと思います。

がん保険と医療保険の共通点

がん保険と医療保険の共通点


がん保険と医療保険の共通点を確認していくために、それぞれの基本的な仕組みを理解しましょう。

がん保険の仕組み
まず、がん保険の基本的な仕組みを確認しましょう。がん保険には、通常以下のような保障があります。

  • がんと診断された場合の保障(1回のみ100万円など)
  • がんで入院・通院した場合の保障(1日につき1万円など)
  • がんで手術した場合の保障(1回につき10万円など)
  • がんで特定の治療をした場合の保障(1回につき20万円など)
がん保険の仕組みについては詳細を別の記事で説明していますので参考にしていください。

医療保険の仕組み
次に医療保険の基本的な仕組みを確認しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.